アミーゴの世界へ スペイン語

bsPP_4tubanoprezent

 

 

 

アミーゴはスペイン語で「友達」という意味です。

 

 

 

私はスペイン語を話せるようなって、本当に良かったと断言できます!!!

 

 

 

英語をマスターとしたいとずっと中学生の頃からずっと考えていました。

 

 

 

中学の頃、「フルハウス」のテレビドラマにはまり、そこからアメリカの

 

コメディードラマにはまりました。その当時は吹き替えでドラマを見ていました。

 

吹き替えのおかげで世界中の人が日本語を話していると勘違いもしていました。

 

英語を中学で習っているにも関わらず、誰も英語を話しているなんて

 

教えてくれないので、信じ切っていました。

 

そこから、単純で信じやすい性格がでていたんだと思います。

 

 

 

学生時代に初めて、ヨーロッパへ旅行に行きました

 

 

 

私の英語のレベルは片言でした。会話は一応成り立ちますが、奥深くまで会話ができず、

 

悔しかった事が良い思い出。

 

フランス、ドイツ、ベルギー、イギリスに行きました。

 

その後、私の趣味は海外旅行となりました。

 

もっと英語が話せれば、海外旅行に不備はないし、世界中の人たちと出会え、友達になれると思いました。

 

当時、スペイン語の存在も知らなかったので、スペインには行かずでした。今思えば行っておけば良かった、

 

勿体無い事をしたと笑い話です。

 

 

 

日本にいた時に海外旅行価値観が合う関西の友人2人にメキシコを勧められて、

 

 

 

単純に「そうだ!メキシコに行こう!」というのりで、メキシコ行きを決定しました。

 

友人2人は「英語が通じるから大丈夫。」という言葉を単純な私は信じきって、メキシコへ!

 

メキシコに無事に到着しました。そして、イミグレーションに行き、ツーリーストカードを提出。

 

そこで、問題発生しました!

 

私のツーリストカードの記入が悪く、スペイン語で説明してくれているのですが全くわらない私。。。

 

私は、「英語でお願いします。」と言いましたが、返答はスペイン語。。。

 

本当に泣きそうでした。。。友人2人に「やられた!!!」とその当時思いましたね。

 

困っていると、たまたま同じ便の日本人のメキシコ駐在員の方が記入を手伝ってくれました。

 

 

 

そして、無事にメキシコ上陸しました。

 

 

 

その親切な駐在員の方にお話を聞くと、「そんなにメキシコは英語は通じないよ」、「中南米旅行するならスペイ

 

ン語を覚えた方が良いよ。」

 

とアドバイスをいただきました。私は友人2人が何故私にメキシコを勧めたのかその当時疑いました。

 

その後、現地の語学学校に通い始め、ホームステイを開始し、スペイン語が余り話せないのに学校通い始め7ヶ月

 

で職が決まりました。

 

職が決まり仕事が忙しく帰りの遅いことが多かった私。ステイ先のご夫婦が心配してくれるのはありがたったので

 

すが、窮屈に感じ始め、

 

 

 

1人暮らしのアパートを探し始め、決行!

 

 

 

そこから、私のスペイン語力はアップし、アミーゴの世界が始まりました。

 

 

 

今思っても、本当に住んで良かったアパート、大家さん、とその地区。

 

中流階級の方が住む地域で、大家さんの敷地内にある離れを私は借りることができました。

 

片言のスペイン語の私でも、「日本人なら保証人はいらないわ」と言ってもらえたし、毎日、毎日、私の様子を気

 

にかけてくれたり、

 

ご飯をおすそ分けくれたり。娘さんと同い年だった事もあり、「あなたは娘よ」といつも言ってくれました。

 

18歳から大阪に行き、1人暮らしを始めた私。両親とはあまり連絡をとったことがなかったので衝撃的な一言でした。

 

困った事があれば、1番にかけつけてくれる、大家さんでした。会わない日が続けば、自宅に電話もしてくれます。

 

言葉も、「少しづつ覚えていきましょう」と言ってくれました。

 

ご近所の方も凄く親切、家の横に住んでいた、タクシードライバー兼お店を開いているおじさんも、

 

おすそ分けや、ホームパーティーにも頻繁に誘ってくれました。

 

日本人っぽい、礼儀などをすると「アミーゴだからそんなことはしなくていいよ。」と言ってくれます。

 

他の近所の雑貨屋さんや近所の方も名前を憶えてくれて、いつも歩いていると声をかけてくれます。

 

職場のメキシコ人も初対面なのに「アミーゴスだから大丈夫」って具合です。

 

そんな、状況に居ることができて、会話する機会も増え、私はメキシコ人に気軽に会話できるようになり、友達が

 

沢山増えました!

 

そして、年に1回もしくは2回中南米を旅行するようになったのですが、その時にもスペイン語は大活躍!

 

スペイン語は中南米はベリーズ、ブラジル以外で話されてるので中南米に不安がなくどこにいけます。

 

旅行先で知り合った現地のガイドさんなどに、日本人でスペイン語が話せたりとすると初対面なのに、

 

家に呼ばれてその家族とご飯を食べたり、ご飯を食べに連れていってもらったり、色々案内してもらったりしました。

 

 

その方々皆言う言葉は、「私たちはアミーゴだから」!

 

 

 

そう、メキシコだけではなく、私が旅行したスペイン語圏の中南米の国々の人達は「アミーゴ」と直ぐに言ってく

 

れるんです。

 

国籍も男女も初対面も問わずです。

 

日本にはないこの感覚が私は大好きです。

 

そして、今でも連絡をくれることに本当に感謝です。

 

今思えばホイホイついて行かないのが海外旅行の基本なのに、私は全く逆な事をしていて、お恥ずかしいですが、

 

何事もなく、旅行を楽しめました。

 

そして、日本に帰国してもスペイン語が頭から離れる事が出来ず、私はラテンのネットワークを探し続けました。

 

意外にも私は静岡県に住んでいたので、見つけることは簡単でした(笑)

 

日系ラテン人の出稼ぎ労働者が沢山住んでいる地域にチョコチョコ顔を出すようにしました。

 

やはり、ここでも直ぐに「アミーゴ」の世界でした。

 

そして、主人と出会い結婚をし、子供も設けることができました。

 

 

スペイン語は私にとってかけがえのない宝物の1つになりました。

 

 

 

そして、中南米旅行ににもかなり重宝しますよ!

 

 

 

AME845_machiawase_TP_V

 

 

最近、10年近く連絡をとっていない、メキシコで出会った友人が

 

突然facebookで連絡をくれました!

 

 

 

私の事をまだ覚えてくれている事、私に相談をしてくれる事に

 

本当に嬉しかったし、ありがたかったです!

 

メキシコで出会ったメキシコ人友人達はは利害関係、

 

損得勘定なく、私と向き合ってくれます。

 

これぞ、私の求めているアミーゴの世界です!

 

久々にも関わらず、昔のように話せるので久々にメキシコ時代の

 

ワクワクや楽しい気持ち、居心地の良い時間になりました!

 

私は、ワクワクや、楽しい気持ち、居心地良い仲間、

 

空間をニュースレターを通して、作っていきたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 
 

プロフィール


名前 Yoki

現在、ペルー人夫と子供(6歳)と日本在住。

メキシコに5年住み、スペイン語を習得。

ワーキングママをしながら、副収入を得る方法を勉強中。

詳しいプロフィール

まずはこちらの記事を

最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
運営者情報はこちら

■フリースペースタイトル

■フリースペース記事

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ

(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-71978340-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。