メキシコシティーでの5年間

-shared-img-thumb-HAW426_gaikokunorojiura_TP_V

 

 

 

私が、日本をで出た理由。

 

 

何故メキシコを選んだのかは

 

良く聞かれる理由。

 

私が日本をでた理由は余り語ったことはありません。

 

勿論、海外に住むことは中学の頃からの夢も理由の1つ。

 

花粉症、寒がりも理由に入ります。

 

ですが、最大の理由は借金返済が終わり、

 

新しく自分の人生をリセットしたかったからです。

 

 

 

20代前半、私には借金がありました。

 

 

 

借金返済の為に水商売もしました。

 

人間関係も色々ありました。

 

勿論、沢山良い出会いもありました。

 

借金返済の日々、4年目にして完済のめどがつき、

 

フリーだった私は、借金返済、人間関係に疲れている自分がいました。

 

完済が近づくにあたって、私のやりたいことが本当にできる時

 

がきたと考える余裕ができたのです。

 

そんな時にいつも指名してくれるお客様が

 

ロバートキヨサキさんの「金持ち父さん、貧乏父さん」の本をいただきました。

 

この本は当時の私が考えた事がないことばかり書かれていて、

 

衝撃的でした。

 

日本での流行も、ブランド物、見栄を追うのも飽きていたので(笑)

 

自分をリセットしよう、出来れば、私の事を知らない土地で!

 

お金持ちになろう!

 

この本がこういう考えの背中を教えてくれた気がします。

 

そこで、中学の頃から夢だった日本脱出をしよう!と

 

 

 

200万円の蓄えを作り、私は日本脱出しました。

 

 

 

25歳の時です。

 

メキシコでの生活がスタートし、私の事を知らない人ばかり

 

自分をリセットするのに快適でした。

 

そして、メキシコでの生活は慣れるまでは驚きの連続!、

 

ワクワクでした。

 

 

 

○人種差別が無い

 

 

 

私がメキシコで語学学校の紹介でホームステイを始め、

 

毎日、歩いて学校に通っていました。

 

全然、スペイン語もわからず、到着数日でした。

 

良く声を掛けられるですよ、私は図にのっていたので、

 

「ナンパ」かと思っていましたが、道を聞かれたり、

 

時間を聞かれたりと。。。

 

時間の聞き方も面白く、時計もっているのに聞いてきます(笑)

 

明らかに外見メキシコ人ではない私に(笑)

 

答えられないと、「OK,OK」と笑顔で去っていく。

女性や男性問わずに聞かれました。

 

謎でしたね(笑)

 

学校の友人や先生に聞いてみると、「それはメキシコでは普通」

 

とのこと。。。
「これは面白い、素敵」って爆笑でした!

 

 

 

 

○助けい合い精神が芽生える

 

 

 

メキシコには語学がゼロで行き、本当に沢山の方に助けられました。

 

「ここまでしてくれるの」って恥ずかしいぐらい助けられました。

 

しかも赤の他人の私にって思いました。

 

そこで、人に甘える事もありって思えるようになりました。

 

日本に居た時、水商売関係の友人が多かった事もあり、

 

お金に関しては人に頼めなかったし、友人だからこそ

 

余り、頼んではいけないと思っていました。

 

母からは「親や人に迷惑をかけてはいけない」と言われ

 

育っため、人に甘えることに罪悪感がありました。

 

そういう中でも人間関係辛いこともあったので、

 

私が出来ることであればと思い、人助けをしていました。

 

周りからは人が良すぎるとも言われて居たことが多々ありました。

 

でも、メキシコでの生活が私に良い影響を与えてくれました。

 

カトリック教徒が90%以上と言われるメキシコ、宗教的教えもあり、

 

「何でも困ったことがあったら言ってね」と良く言われました。

 

、社交辞令かと思いきや、

 

現地に住まわれている日本人もメキシコ人も本気です。

 

私が通っていた、メキシコシティーの語学学校の日本人校長先生。

 

私がどしようかと困っていると、直ぐに手を差し伸べてくれます。

 

車をだして買い物に連れて行ってくれたり、仕事まで紹介してくれたり。

 

仕事のノウハウも伝授してくれました。

 

大家のおばさんも同じく、部屋を借りて直ぐの時。

 

ガス台がなく、どこで買えるかと聞くと

 

「ちょっとまって、今から買いにいきましょう」と一緒に直ぐに

 

買い物にいってくれました。

 

その優しさに本当に感動しましたし、半泣きな私でした。

 

そこから、私はカトリックの教えに興味を抱き、

 

教会に密かに行ったりしました。

 

そして、私も同じような境遇の人を助けたり進んでするようになりました。

 

私の助けい合い精神が確信を得れたのがメキシコでした。

 

 

 

 

 

○許すこと 非日常が好き

 

 

 

 

私はメキシコに住む前は、「曲がった事が大嫌い」、頑固だったかもしれません。

 

思い込みも激しかったような気もします。

 

それを覆す出来事が、メキシコ人の時間のルーズ過ぎです。

 

勿論、全員ではないです。(笑)

 

日本で時刻表、時刻通りに来るのが当たり前になっていた私は驚きましね。

 

まず、時刻表が地下鉄にない、バスもそう。

 

来たものに乗るという事です。

 

でも、来るには来るんです。(笑)

 

飛行機や、長距離バスは時刻表があります。

 

きちんと、時刻に出発します。

 

そりゃもう、ビックリでした!

 

逆に、来ないときは来ないのでこれは「仕方がない」ことになるんです。

 

私の周りのメキシコ人友達は、日本好きが多いので時間にルーズな事は

 

なかったのですが、それ以外のメキシコ人は割とルーズでした。

 

自宅で行われるパーティーなどに呼ばれ時間通りに行くと大体私は一番のり。

 

開催予定時刻3時間後にみんな揃い、開始が普通。。。

 

慣れていないころは、ストレスでしたね。(笑)

 

でも、開始されれば楽しいものです。

 

単純な私です。

 

こういう場を踏んでいき、仕方がない見極め、諦める、許す事ができるように

 

なりました。

 

だって誰のせいでもないのですから(笑)

 

気が付くと、

 

「仕方ない」を明るく言えるようになっていましたよ。(笑)

 

 

 

 

○安全をお金で買う

 

 

 

この考えは日本を出るまで気づきませんでした。

 

日本にいると、深夜でも電車にのったり、歩いて帰る事、
自転車で帰ることができます。

 

メキシコでは違います。

 

私も、深夜近くに地下鉄で帰った事もありますが、近場に居る時だけ。

 

遠くにいる場合は、必ずタクシーにのりました。

 

それは強盗被害を防ぐ為です。勿論、タクシーが必ず安心という事もありません。

 

それでも、防ぐ事はできます。
お陰だ様で私は、5年間何も怖い被害はなく過ごす事ができました。

 

タクシー代は地下鉄の料金比べれば、高いですがその分安全に帰れる

 

率は高いです。

 

メキシコ在住の方がいう事は「安全はお金で買う」

 

私は合理的な考え方と思いました。

 

 

 

 

メキシコでの非日常が私にはぴったり合っていた5年間でした。

 

 

 

 

非日常万歳です!

 

 

 

 

アミーゴの世界へ スペイン語

bsPP_4tubanoprezent

 

 

 

アミーゴはスペイン語で「友達」という意味です。

 

 

 

私はスペイン語を話せるようなって、本当に良かったと断言できます!!!

 

 

 

英語をマスターとしたいとずっと中学生の頃からずっと考えていました。

 

 

 

中学の頃、「フルハウス」のテレビドラマにはまり、そこからアメリカの

 

コメディードラマにはまりました。その当時は吹き替えでドラマを見ていました。

 

吹き替えのおかげで世界中の人が日本語を話していると勘違いもしていました。

 

英語を中学で習っているにも関わらず、誰も英語を話しているなんて

 

教えてくれないので、信じ切っていました。

 

そこから、単純で信じやすい性格がでていたんだと思います。

 

 

 

学生時代に初めて、ヨーロッパへ旅行に行きました

 

 

 

私の英語のレベルは片言でした。会話は一応成り立ちますが、奥深くまで会話ができず、

 

悔しかった事が良い思い出。

 

フランス、ドイツ、ベルギー、イギリスに行きました。

 

その後、私の趣味は海外旅行となりました。

 

もっと英語が話せれば、海外旅行に不備はないし、世界中の人たちと出会え、友達になれると思いました。

 

当時、スペイン語の存在も知らなかったので、スペインには行かずでした。今思えば行っておけば良かった、

 

勿体無い事をしたと笑い話です。

 

 

 

日本にいた時に海外旅行価値観が合う関西の友人2人にメキシコを勧められて、

 

 

 

単純に「そうだ!メキシコに行こう!」というのりで、メキシコ行きを決定しました。

 

友人2人は「英語が通じるから大丈夫。」という言葉を単純な私は信じきって、メキシコへ!

 

メキシコに無事に到着しました。そして、イミグレーションに行き、ツーリーストカードを提出。

 

そこで、問題発生しました!

 

私のツーリストカードの記入が悪く、スペイン語で説明してくれているのですが全くわらない私。。。

 

私は、「英語でお願いします。」と言いましたが、返答はスペイン語。。。

 

本当に泣きそうでした。。。友人2人に「やられた!!!」とその当時思いましたね。

 

困っていると、たまたま同じ便の日本人のメキシコ駐在員の方が記入を手伝ってくれました。

 

 

 

そして、無事にメキシコ上陸しました。

 

 

 

その親切な駐在員の方にお話を聞くと、「そんなにメキシコは英語は通じないよ」、「中南米旅行するならスペイ

 

ン語を覚えた方が良いよ。」

 

とアドバイスをいただきました。私は友人2人が何故私にメキシコを勧めたのかその当時疑いました。

 

その後、現地の語学学校に通い始め、ホームステイを開始し、スペイン語が余り話せないのに学校通い始め7ヶ月

 

で職が決まりました。

 

職が決まり仕事が忙しく帰りの遅いことが多かった私。ステイ先のご夫婦が心配してくれるのはありがたったので

 

すが、窮屈に感じ始め、

 

 

 

1人暮らしのアパートを探し始め、決行!

 

 

 

そこから、私のスペイン語力はアップし、アミーゴの世界が始まりました。

 

 

 

今思っても、本当に住んで良かったアパート、大家さん、とその地区。

 

中流階級の方が住む地域で、大家さんの敷地内にある離れを私は借りることができました。

 

片言のスペイン語の私でも、「日本人なら保証人はいらないわ」と言ってもらえたし、毎日、毎日、私の様子を気

 

にかけてくれたり、

 

ご飯をおすそ分けくれたり。娘さんと同い年だった事もあり、「あなたは娘よ」といつも言ってくれました。

 

18歳から大阪に行き、1人暮らしを始めた私。両親とはあまり連絡をとったことがなかったので衝撃的な一言でした。

 

困った事があれば、1番にかけつけてくれる、大家さんでした。会わない日が続けば、自宅に電話もしてくれます。

 

言葉も、「少しづつ覚えていきましょう」と言ってくれました。

 

ご近所の方も凄く親切、家の横に住んでいた、タクシードライバー兼お店を開いているおじさんも、

 

おすそ分けや、ホームパーティーにも頻繁に誘ってくれました。

 

日本人っぽい、礼儀などをすると「アミーゴだからそんなことはしなくていいよ。」と言ってくれます。

 

他の近所の雑貨屋さんや近所の方も名前を憶えてくれて、いつも歩いていると声をかけてくれます。

 

職場のメキシコ人も初対面なのに「アミーゴスだから大丈夫」って具合です。

 

そんな、状況に居ることができて、会話する機会も増え、私はメキシコ人に気軽に会話できるようになり、友達が

 

沢山増えました!

 

そして、年に1回もしくは2回中南米を旅行するようになったのですが、その時にもスペイン語は大活躍!

 

スペイン語は中南米はベリーズ、ブラジル以外で話されてるので中南米に不安がなくどこにいけます。

 

旅行先で知り合った現地のガイドさんなどに、日本人でスペイン語が話せたりとすると初対面なのに、

 

家に呼ばれてその家族とご飯を食べたり、ご飯を食べに連れていってもらったり、色々案内してもらったりしました。

 

 

その方々皆言う言葉は、「私たちはアミーゴだから」!

 

 

 

そう、メキシコだけではなく、私が旅行したスペイン語圏の中南米の国々の人達は「アミーゴ」と直ぐに言ってく

 

れるんです。

 

国籍も男女も初対面も問わずです。

 

日本にはないこの感覚が私は大好きです。

 

そして、今でも連絡をくれることに本当に感謝です。

 

今思えばホイホイついて行かないのが海外旅行の基本なのに、私は全く逆な事をしていて、お恥ずかしいですが、

 

何事もなく、旅行を楽しめました。

 

そして、日本に帰国してもスペイン語が頭から離れる事が出来ず、私はラテンのネットワークを探し続けました。

 

意外にも私は静岡県に住んでいたので、見つけることは簡単でした(笑)

 

日系ラテン人の出稼ぎ労働者が沢山住んでいる地域にチョコチョコ顔を出すようにしました。

 

やはり、ここでも直ぐに「アミーゴ」の世界でした。

 

そして、主人と出会い結婚をし、子供も設けることができました。

 

 

スペイン語は私にとってかけがえのない宝物の1つになりました。

 

 

 

そして、中南米旅行ににもかなり重宝しますよ!

 

 

 

AME845_machiawase_TP_V

 

 

最近、10年近く連絡をとっていない、メキシコで出会った友人が

 

突然facebookで連絡をくれました!

 

 

 

私の事をまだ覚えてくれている事、私に相談をしてくれる事に

 

本当に嬉しかったし、ありがたかったです!

 

メキシコで出会ったメキシコ人友人達はは利害関係、

 

損得勘定なく、私と向き合ってくれます。

 

これぞ、私の求めているアミーゴの世界です!

 

久々にも関わらず、昔のように話せるので久々にメキシコ時代の

 

ワクワクや楽しい気持ち、居心地の良い時間になりました!

 

私は、ワクワクや、楽しい気持ち、居心地良い仲間、

 

空間をニュースレターを通して、作っていきたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

海外移住実現を目指す!

-shared-img-thumb-JSK542_passtomemo_TP_V

 

私は現在、ペルー人夫、息子と3人で現在

 

日本に住んでいます。

 

 

 

お陰様で、私は正社員でフルで働いています

 

ペルー人夫は、派遣社員となりますが、フルで働いています。

 

私はメキシコに5年間住み、日本に帰国。

 

帰国していなかったら、「また海外に住みたい」

 

とは思っていなかったと思います。

 

なので、日本に帰国して本当に良かったと思います。

 

主人にもこの気持ちは伝えてあるのですが、

 

さすが、ラテン!!!

 

「じゃあ、海外行こう!」

 

「勝手にいけば」

 

「自分は日本に残る」

 

毎回、言うことが違うので、もはや当てにはしていません。

 

 

なので、もしもの時も考えて

 

子供と二人でも行こうかと真剣に考えています。

 

 

 

ただ、お金が貯まるったら行くのはもうしません。

 

 

 

それだけは、決めています。

 

家族がいますから、独身時代のように

 

動くことは、致しません。笑

 

 

 

やはり、何かしらの収入を得る手段を得て

 

海外移住をしたいと考えています。

 

 

 

私はブログで収入を得る!為に今猛勉強中です!

 

飽き性な私ですが、

 

海外旅行、海外移住には飽きていません。

 

 

 

大好きな海外に行くために

 

毎日、創造して過ごしています。

 

私には、海外生活があっているようです。

 

日本に居るよりも自分らしく居れるのが

 

海外です。

 

 

私は、山田舎出身です。

 

 

 

それはもう、世間体、近所の目の嵐の中で育ちました。

 

何かあれば、母は「近所の人から~言われた」と

 

聞かされて育ちました。

 

それが嫌で、専門学校は大阪の地を選び8年間住みました。

 

その開放感は私には天国でした!笑

 

そして、もっとその開放感があるのが、

 

海外って思うんです。

 

個性を活かせるのが、海外という表現が近いです。

 

人の目を気にせず居れる私の場所です。

 

 

 

非日常が大好きなんです。

 

 

 

なので、子供にもそういう開放感の中で学んで

 

生きてほしいと私は考えています。

 

横並びではなく。。。

 

収入を得ながら海外でのんびり生活をして、

 

子供ともっともっと関わっていけるようになりたいと

 

夢をもって絶対実現したいと思います!

 

 

その為に、私は決めました!

 

 

『決めた!ライフワークをチェンジ!!!』

 

時間は有限です!

 

 

最近は仕事に魅力を感じることが少なくなりました。

 

 

・仕事の愚痴が多くなりました。

 

・仕事を辞めて時間を自由に使いたいと思うようになりました。

 

こういう違和感のある毎日ではなく、

 

自分の人生を心からしたいと感じた事をする、

 

心から尊敬できる人や、

 

仲間、家族と一緒に毎日を共有したいと!

決めました!

 

そんな、共有、共感してくれる仲間に出会えることを

 

楽しみにしています!

 

 

 

 

 

 

価値観を変えてくれたピピ島

-shared-img-thumb-N752_aoisora_TP_V

 

 

 

2000年の「The Beach」の映画を見たことがありますか?

 

 

 

私は山、川育ちの田舎物ですが、海の方が好きです。

 

この映画を見て、島、海の色に魅せられ、海がもっと

 

好きになり、シュノーケルが趣味の1つに加わりました。

 

自分がまさか映画の舞台の島にいけるなんて考えて

 

当時考えていませんでした。。。

 

当時綺麗な海だと思っていたのが、

 

私が行った海の中では、伊豆の多々戸浜、

 

兵庫県の竹野浜。

 

当時こんなにネットが普及していなくて、

 

旅行は雑誌やパンフレットから得ていた私。

 

たまたま本屋によって「ABロード」を

 

見ていると、「ニューカレドニア」に安く行けるツアー

 

を発見!

 

その写真に見せられました!

 

友人に話すと友人も「行きたい」と一緒に行くこと決定!

 

友人と行くので安全な、添乗員なし送迎ありのツアーを

 

探してみました。

 

やはり、1人旅行だと適当で良いのですが(笑)

 

友人は初海外!責任感強い私は、

 

安全をお金を買うという事で

 

予算も合い、友人と行こうと思っていたところ、

 

スケジュールを見れば、2泊での値段。。。

 

そりゃ、安いか!となって断念。。。

 

どうしようかと考えていると

 

またまた、写真の海の色に魅せられました(笑)

 

「ピピ島ツアー」を発見!島3泊で素敵で決定!

 

映画の島に行けるんだ!と思いました。

 

それが2002年の話。津波前です。

 

タイに初上陸でした。

 

6月の雨季に行ったので、島内はゆっくりしていました。

 

おまけに物価も安くビックリしました。

 

目の前は海、白い砂浜、魚が肉眼で見える。

 

始めて感じることばかりです。

 

次の日、アイランドホッピングツアーに参加し

 

初めてシュノーケルをしました。

 

今までは、海に行っても、サーフィンや、ボディーボード、

 

泳ぐ、浮き輪で遊ぶなどしかしたことはありませんでした。

 

海の色、白い砂浜、透明度、魚の種類、珊瑚、などなど。。。

 

私の中では、NHKのドキュメンタリー番組でしか

 

見たことがない、海の世界をみて、感動ばかりでした!

 

もう、シュノーケルの虜です。

 

おまけに人も親切!

 

近場の島を周っているなか、日本では味わえない

 

ゆっくりとした時間を感じました。

 

島に住んでいる日本人の方、バックパッカーをしている

 

日本人の方にも出会いました。

 

話した事は少しですが、

 

「そういうふうに生きれる、

 

海外で生活ができるのかー!?」

 

と感動しました。

 

アイランドホッピング中、

 

綺麗な島を見ながら

 

「日本を絶対にでよう!海外で暮らそうと!」

 

と決意しました。単純な私で行き先もなく

 

ただただ、そう決めました。(笑)

 

ピピ島最終日、髪の毛を編み込みが

 

カッコ良く見えて、編み込みをしてもらおうと

 

1軒お店に行きました。

 

女性店員さんが1人で経営しているお土産屋兼

 

髪の編み込み屋さん。

私達が日本人だとわかると

 

流暢な日本語を話すんです。

 

またまた、ビックリ!聞いてみると

 

お姉さんが日本人の方と結婚して

 

日本語を少し勉強しているとの事。

 

日本語聞き取りも、喋りも上手な方で

 

ビックリしました!!!

 

そして、またまた親切!

 

私は、そんな人の親切も凄く、凄く嬉しかったです!

 

何か、縁を感じて

 

私は、その女性と友達になりたく、

 

自分から友達申請をしました。(笑)

 

彼女は快諾してくれて、

 

彼女の住所、電話番号を聞いて海外文通がスタートしました!

 

私は英語、彼女はローマ字と英語での文通です。

 

ピピ島旅の最後「またピピ島に来ようと」と決めました。

 

ピピ島旅行1ヶ月後、私はメキシコ行きを決めました。

 

なぜか、メキシコ行く前に、ピピ島に行かねばと思い、

 

日本脱出代、ピピ島代を貯めました。

 

メキシコ旅立つ2週間前にピピ島に行きました。

 

その時は1人でいきました。

 

ピピ島友達に連絡済みだったので、現地に到着すると

 

友達がホテルで待っていてくれたんです。

 

そりゃもうビックリでした!!!

 

感動しました。

 

自宅にも連れて行ってくれたり、

 

両親が漁師ということでイか釣りにも

 

つれていってもらいました。

 

人生初のイカ釣りです。

 

海はその日波が高かったので、余りとれなかったのですが、

 

皆笑っていました!

 

この島でシュノーケルが好きになりました。

 

この島で私は人の温かさを学びました。

 

この島に行き、夢を叶える決意ができました。

 

ピピ島が私の人生の価値観を変えてくれた島です。

 

自分の幸せの為にこれからどう生きるのか?にフォーカス

-shared-img-thumb-MIYA151213088749_TP_V

 

 

 

 

日本にこのまま住んでいいて私は幸せだろうか?

 

 

 

 

私の幸せは海外に住むような気がする。

 

漠然ともあるけど、何か違う気がすると私は

 

考えています。

 

 

 

十人十色の人生なのですが、私は自分には海外なような気がしています。

 

このまま日本いても、不安要素が次々とでてきて、

 

高齢社会、親の介護、年金問題などです。

 

 

 

これでは、楽しく働こうと思えないと私は思います。

 

 

 

お金を稼ぐ事は素敵だと私は心から思いますが、

 

やはり、楽しく、明るく稼ぎたいと私は思います。

 

 

 

メキシコに居た頃、職場は忙しく、賃金は現地採用

 

給料は低いですが、とにかく明るかったです。

 

どんな嫌な事があっても、明るく接してくれる

 

メキシコ人に何度も救われました。

 

例えば、ミスをしてもフォローをしてもらぅたり、

 

「そんな時もあるけど、次は頑張ろう!」

 

「大丈夫!」

 

と声を掛けてもらいました。

 

その明るさに、安心させてもらったりしました。

 

 

 

私は、そんな中で生きたいと思います。

 

 

 

ハーフ息子や、ペルー人夫にもそういう環境で

 

生活をして欲しいと思います。

 

不安要素を解消が目標で働くのは私は

 

私の幸せではないと思います。

 

税金や年金を払うのも義務ではなく楽しく

 

払いたいと私は思います。

 

 

 

そして、個性が活かせる場で、

 

 

 

私も、ハーフ息子、ペルー人夫も成長してほしい、

 

成長したいと私は考えています。

 

 

 

私は山、川育ち、小さいころから身長が高くて学年でいつも身長だけは

 

1番でした。

 

だから、割と色んなアクションが目立ってしまいました。

 

どこかの駄菓子屋に寄り道していると、あそこにいたとか

 

言われます。

 

水泳を小学生からやり始めて、個人競技の方が得意方です。

 

サッカーやバスケ、バレーなどの団体競技が苦手。。。

 

個人で目立つのが好きでした。

 

考え方も個性的な所も多く、横並びで誰かがしているからと

 

いうのは苦手。でも田舎は誰かと一緒が当たり前。

 

母は私の意見を聞かずに、いつも私を目立たせないように

 

横並びに育てきたような気がします。

 

小学生から、ファッション雑誌を見始めて

 

こういう服が欲しいというと、大人びてるから駄目と言われました。

 

私からすればそれは個性なのですが、母は個性は嫌いでした。

 

横並びが好きです。

 

 

 

私は個性的が大好きです。

 

 

 

大阪にでて、私の個性を受け入れてくれる関西人

 

海外に出て、私の個性を「素晴らしい」と言ってくれる人達と

 

出会い、大きく私という存在価値を変えてくれました。

 

「私は褒められていいのだ」と思えるようになりました。

 

自分の価値が認められる、受け入れられる

 

所で暮らしていきたいと思います。

 

 

 

私が今フォーカスしている事は、

 

 

 

大きくでますが、年収1千万!笑

 

自宅で稼ぎ、子供と家族と余裕を

 

持って暮らすです。

 

好きな時に、好きな所に行く生活が

 

私が今フォーカスしている、私の幸せです。

 

稼ぎ方はブログや投資です。

 

 

 

私はブログとの出会いは、出産前でした。

 

 

 

ブログで収入を得ている方ブログを発見したのです。

 

その方のブログは、私と同じく子育てをしている方。

 

私は当時衝撃でした。笑

 

「在宅で子育てしながら稼げるなんて素敵」

 

チャレンジをしたのですが、ノウハウがわからず、

 

続かずでした。。。

 

諦めも早い私です。

 

 

 

ですが、去年からブログの勉強をまた再会しました。

 

 

 

そう、ブログで稼ぐという見方は私には合っていると

 

再確認できた時でした!!!

 

今回はいけそうな感じ!

 

そんな、素敵な恩師との出会いがありました。

 

色々教えてもらいながら、やり続け、

 

フォーカスし続けて現実にしていきます!!!

 

 

 

 

プロフィール


名前 Yoki

現在、ペルー人夫と子供(6歳)と日本在住。

メキシコに5年住み、スペイン語を習得。

ワーキングママをしながら、副収入を得る方法を勉強中。

詳しいプロフィール

まずはこちらの記事を

最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
運営者情報はこちら
 

ページの先頭へ

(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-71978340-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');