ラテン人は多分苦手でしょう。。。

bsPP_dorayaki

 

 

 

 

最近、たい焼きがずっと食べたいと思っています。笑

 

甘い物が好きな私ですが、年齢が上がるにつれて、

 

和菓子も好むようになりました。

 

以前は、「チョコ、チョコ」とチョコレートばかり

 

食べていて、和菓子を好むことがなかったのですが、

 

おしるこを食べたり、お饅頭を自分から買ってまで

 

食べるようになりました。

 

味覚って本当に変わるんですね!

 

 

 

ペルー人夫、メキシコ人、ペルー人で甘い小豆を

 

食べれる人は私の周囲にはほぼいません。

 

 

 

 

1人だけ知っています。

 

生粋のラテン人はほぼ苦手はではないか!?

 

と思います。

 

日本育ちのラテン人の方は別です。

 

小豆は、ペルーやメキシコでは料理で食べるのが

 

普通で、「デザートではありえない。」

 

とほとんどの人は、食べたがりません。笑

 

お豆料理は、メキシコ料理や、ペルー料理、

 

ブラジル料理には多種であります。

 

だいたい味は、塩を使って炒めたり、

 

煮たりが多いです。

 

私も、メキシコで生活していた時、最初お豆料理が

 

苦手でした。。。笑

 

不思議な感じや、美味しいとは全然思えなかったんです。

 

小豆やお豆がおかず!?に慣れなかったのです。

 

生活するに連れて、美味しく食べるようになりました。

 

ハーフ息子は日本育ちの為、やはりペルー人夫が作る、

 

お豆料理は苦手です。

 

いつか、食べれるようになればと思いますが。。。笑

 

ペルー人夫や、ラテン人友達にトライはしてもらったり、

 

しましたが、皆口を揃えて、

 

 

 

「まずい。。。」

 

 

 

といい、最後まで食べれない人はほとんどです。

 

そういう場面を見ると、

 

 

 

「お国変わればだな~」って本当に実感します。

 

 

 

なので、私はラテン人友達にお宅に訪問する際は、

 

小豆系のお菓子を持っていきません。

 

ケーキやチョコレート系です。

 

 

無料!在住ラテンアメリカ人向け情報誌あります!

IMG_3815IMG_3816

 

 

 

 

ブラジル料理食材店には行きますか?

 

 

国際結婚や、ラテンアメリカに興味がないと

 

足を踏み入れない領域だと私は思います。笑

 

私も、日本でペルー人友人やラテン妻に

 

なっていなければ、足を踏み入れない領域でした。

 

そこに、情報誌はあります!!!

 

 

 

名前は「メルカド ラティーノ」と言います。

「Mercado latino」

 

 

 

しかも、無料です!

 

他にも、日本在住ブラジル人向け、フィリピン人向け

 

のフリーペーパーも置いてありましたよ。

 

 

メルカドラティーノはほぼペルー人向けです。笑

 

なので、ペルーの現状などを知れます。

 

記載はスペイン語になってしまいますが、

 

わかる方や、勉強している方は、

 

生きたペルースペイン語を学べるのではないかな

 

と私は思います。

 

 

月に1回発行されています。

 

内容は意外に濃くて、日本在住ペルー人の為の

 

日本での生活情報、今回は

 

「マイナンバー制度」でした。

 

日本人の私ですが、私のスペイン語力でも

 

理解できるくらい、詳しく書かれています。

 

逆に私が勉強させてもらっています。笑

 

他はペルーのニュースや広告、求人情報になります。

 

なかでも、私がより興味の引く広告は

 

 

 

旅行会社のチケット情報です。

 

 

 

現在、どこのエアーラインが安いのかが!?

 

わかるので、助かります!

 

 

 

もう1つは求人広告ですね!

 

 

 

ペルー人夫は何回も失業しているので、

 

何回かメルカドラティーノの求人情報で

 

職を見つけています。

 

私の方が詳しく見過ぎて、ペルー人夫よりも

 

詳しいです。笑

 

私の毎月の楽しみです。

 

!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、私は海外向き!?

-shared-img-thumb-PP_kazamiuma_TP_V

 

 

 

中学1年頃から、

 

 

海外ドラマ、「フルハウス」や「素晴らしき日々」等

 

を見ていて、ファッションや自由な考え方

 

に羨ましくて、海外生活に憧れるようになりました。

 

 

高校は親に「海外留学がしたい」と伝えましたが、

 

 

「高いので、出来ない」と1蹴りで断われました。

 

 

それでも、海外に生活に憧れ、雑誌に載っていた、

 

 

 

「海外ペンパル」にはまりました。

 

「海外ペンパル」の初めての返信があった時は、

 

ワクワクしましたし、エキゾチックでした。

 

ますます、海外生活に興味を持ちました。

 

高校でも、海外ペンパルは続けて、受験シーズンが

 

来たとき、「海外に留学したい」と言うと、

 

「自分でお金を貯めていくように。」とここでも、

 

1蹴りで断れました。

 

 

この時点で「海外に行くことは、無理かも」と

 

 

思い、自然に海外ペンパルも止めてしまいました。

 

仕方がなく、大学受験失敗した私は、親が納得するような

 

専門学校を選択して、関西へ行きました。

 

 

私が選んだ専門学校は福祉の専門学校。

 

 

海外とは縁とゆかりもないのですが、

 

「海外に行く」根拠もなく言っていました。(笑)

 

関西人は受けてくれましたね!それが、また

 

私は嬉しかったし、居心地が良かったです。

 

 

専門学校時代のバイト先で知り合った、大学生の先輩。

 

 

一緒にカラオケに行き、Spice girlsの「Wannabe」

 

を綺麗な英語で歌うので、感動しました。

 

聞けば、「交換留学で1年オーストラリアに」

 

そこでまた、「海外に行きたい」病が発生。

 

お金を為、専門学校卒業旅行として、

 

ヨーロッパへバックパッカー!

 

毎日が、ワクワク、ドキドキ、ハラハラな旅。

 

見る景色が、テレビと一緒で、

 

「私でも海外に行ける」という自信がついた旅、

 

でも、英語力の無さに落胆もしました。

 

 

専門学校卒業と同時に、教育ローンやその他の借金があることに気づき、

 

 

 

とりあえず借金完済

 

が私の夢に。

 

 

水商売もやり始め、お客様に

 

 

 

「何故水商売をやっているのか?」

 

「海外留学」をするためと言いまくっていました。(笑)

 

7年返済の借金を4年で完済しました。

 

 

「日本には絶対に帰らない」という思いで

 

 

 

メキシコに5年間すみました。

 

メキシコの緩い感じが私にはピッタリで

 

はまります。

 

 

母の病気の為、あっさり帰国。(笑)

 

 

日本に帰国して、地元に住みますが、

 

世間体や色んな義務に不信感がでてきて、

 

違和感が。。。

 

スペイン語や、メキシコが恋しくなります。

 

 

とりあえず、派遣社員で工場事務1年しました。

 

 

 

「契約更新する?」と話がきたのですが、

 

工場の社長に「あんた海外が恋しいだろう?」

 

と言われて、はっとさせられて、笑

 

 

タイ・プーケットに2ヶ月「英語留学」という

 

名目を急いで作り、日本脱出。

 

 

プーケットでの2ヶ月で「また海外に行くと」

 

決意!

 

 

帰国後、妊娠していることがわかり、現在も引き続き

日本で住んでいます。

 

 

常に「海外移住」が私の頭の片隅はある人生を送って

 

きています。

 

 

そして、叶えました。

 

私は、決めるのが先、行動は後からついてくると

思います。

 

 

私は直観で動いています。根拠がないことばかりですが、

 

自信はあります。

 

 

その直観はあっていると私は思っています。

 

そして、私は海外在住向きという確信もあります。笑

 

根拠のない行動をして、失敗も多々ありますが、

 

その都度、救世主が現れて、軌道修正できていたような

 

気がします。

 

 

現在は、ペルー人夫、ペルー人ネットワークで日本で生活して

 

いますが、少し海外チックではありますが、

 

ワクワクはありません。笑

 

 

 

 

今度、海外移住するときは、収入を得ながら

 

日本を出ると決めています。

 

 

 

その方が、もっと海外生活を楽しめるからです。

 

お金がないから、日本に帰国するという

 

事はもうしたくありません。

 

年齢的も日本では厳しいですしね。

 

家族と一緒に、収入を得ながら海外移住、

 

日本と海外との2重生活を目指しています。

 

好きな時に、好きな所にいけるということを

 

自分らしいライフスタイルを作り、自由を

 

手に入れて、伝えて行くことができればと

 

現在奮闘中です!

 

 

 

 

 

 

 

4時間掛かりました。。。

-shared-img-thumb-PAK85_kakuteishinkokuyabai20140312233602_TP_V

 

 

 

昨日は確定申告に行ってきました。

 

 

 

せかっちな私ですが、お金が掛かると違います。笑

 

待つ時間が好きではない私です。

 

レストランでも、予約ができる所では予約をして、

 

レストランに向かう方が好きです。

 

なので、行列まで待つ場合は、自分が好きな物

 

お金が関わる事は自然と待ててしまう私です。笑

 

確定申告は、予約ができません。

 

私の確定申告であれば、良いのですが、

 

残念ながら違います。。。

 

ペルー人夫の確定申告です。

 

でも、お金が関わっているので待ちます。笑

 

ネットでできれば、良いのですが私は

 

やり方を知りません。。。泣

 

確定申告会場に毎年この時期に行きます。

 

主人は、ペルーに住む父親に海外送金をしています。

 

主人の場合は父親の扶養控除に該当します。

 

昨日は会場で4時間待ちです!!!

 

まさか、こんなに待つとは考えていませんでしたよ。。。

 

去年は2時間でした。。。

 

月曜は意外に混んでいると思いました。

 

私は、仕事が月曜休みなので、毎年月曜に行きます。

 

何故、こんなに待つかと言うと、外国人だからです。

 

必要書類は

 

  • パスポート
  • 在留カード
  • 海外送金領収書
  • 出生証明書
  • 出生証明書 翻訳
  • 源泉聴取書
  • 銀行の通帳

 

この7点を税務署の方が直接確認するからです。

 

なので、私が思うにはネットではできないのでは

 

ないかと考えているのですが、今回聞き忘れてしまいました。

 

来年は聞いてみます。

 

ネットで出来るようになれば、有意義にもっと時間が

 

使えますよね。しかも今年は4時間も待ったんです!

 

ラッキーだったことは、私1人で行った事。

 

いつもなら、ペルー人夫も一緒に行っているのですが、

 

ペルー人夫は待つことはできません。

 

直ぐに嫌になり、帰ります。

 

さすが、ラテンです!笑

 

今年から、私1人で行くことにしました。

 

これが正解でした!!!

 

1人でゆっくりできました。本を読んだり、

 

妄想していたり、笑

 

プランを立てたりしていました。

 

座ることができていたので、まだ良かったです!

 

なので、そんなに苦ではなかったです。

 

4時間という時間は貴重です。

 

来年はチケットをとって、

 

ランチでもとりながら待ちたいと思いました!

 

チケットをとれば、会場の出入りは自由です。

 

ランチをとることも可能!

 

ショッピングも可能!

 

来年用の、ランチをとる場所も決定済みです!笑

 

来年は楽しんで挑みたいと思います。

 

今年も無事に済んで、良かったです!

 

親切にしてくれた、税務署の方々ありがとうございました。

 

<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議な縁で。。。

-shared-img-thumb-MIDSC_7409_TP_V

 

今日2月29日4年に一度の日、思いがげない出会いがありました。

 

この時期になると、私には確定申告という使命があります。

 

私の副収入の申告を!なら夢ですが、ペルー人夫の物です(笑)

 

来週、確定申告に行きます。

 

ペルー人夫は、ペルーに住んでいる父親に海外送金しています。

 

扶養家族の申請ができるので、確定申告に私が毎年行っています。

 

年金事務所に今朝、電話にて主人の確定申告に必要な書類を申請、

 

その後、国民年金の減免を申請できるのか!?問い合わせました。

 

とりあえず、減免を申請してみる形で電話は終了。

 

面倒くさがりな私は、「面倒だな~」と今日思っていました。

 

夕方、自宅のインターホンがなり、私はamazonで頼んだ

 

シャンプーが届いたのだと思い、ドアを開けると、

 

年金機構から委託されている方が。。。

 

「ペルー人夫の年金の減免の手続きができますよ。」と言われました。

 

私は、なんて素敵なタイミングと感動!!!

 

即申請させていただきました。ペルー人夫が書類を書く

 

必要があり、私が説明をスペイン語でしていると、

 

委託のOさんは、目を丸くしてお褒めの言葉をくれました!

 

そして、Oさんは私になんでスペイン語が喋れるのか?

 

中南米はどこに住んでいたのか?どこの国を知っているのか?

 

質問攻めに会いました。(笑)

 

逆に私も、目を丸くしましたよ!こんなに聞かれるのは日本にいて

 

そうありません。

 

私の見解でOさんは60代前半の男性、30ヶ国を旅行したとのこと。

 

エレガントなおじ様です。

 

ワイン好きで、委託業の契約をが終われば、アルゼンチンの

 

ブエノス・アイレスに1人でワイン旅に行きたいとのこと。

 

私達がペルーに移住していれば、是非ペルーにも立ち寄りたいとのこと。

 

そんな感じで海外話や、私は海外移住が夢という話を共有、共感を

 

しました。時間は30分以上たっていました。(笑)

 

凄く、心がワクワクしたひと時です。

 

こんな感じで私の夢を理解してくれる日本人に出会えたことは、

 

ここでそうありません。

 

メキシコにも行かれていたんですよ!

 

静岡西部に来て、メキシコを知っている方2人目です。

 

Oさんは私に旅のコーディネートをして欲しいと言い、

 

携帯番号、住所、メールアドレスを書いた名刺を置いて

 

いかれました!

 

コーディーネーターという仕事も素敵ですね!

 

私、コーディネーターデビューです(笑)

 

このご縁大切したいと思いましたし、こんなシンクロがある時は、

 

私の運も上昇中かもしれません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域の組長やって1万円の手当!

-shared-img-thumb-N695_ichimanensatu_TP_V

 

今まで、自分がそういう事をすると考えていませんでした。

 

 

ましては、手当があるなんて!誰も教えてくれませんでした。。。

 

 

助け合い精神が出てしまいお受けいたしました。

 

「皆さんがやっているので、あれば私もやらねば」と

 

妙な使命感を感じたのです。

 

正直、こんなに大変だとは考えていませんでした。。。

 

私は、集合住宅に住んでいます。

 

外国人の方も多く住んでいる地域です。

 

外国人の方は、喋れても、字が読めないとか

 

理解が難しいなどで配慮されています。

 

ですが、うちは違うんです。

 

賃貸契約したのは私の名前、なので回ってきました。

 

去年の4月から、地域の組長当番がまわってきました。

 

人生初です!

 

私は、極度の緊張しい、人見知りです。

 

なので、初めての集会はかなり緊張しました。

 

が、同じ集合住宅に住んでいる方も一緒だったため、

 

助かりました!

 

  • 毎月のお金の集金

 

  • 約月1回の集会、

 

  • 回覧物の配布

 

  • お祭りのお手伝い etc…

 

こんなにあると思いませんでした。

 

でも、同じ集合住宅先輩にノウハウを教えていただき、

 

やり抜く事もできました。

 

私の両親もやっているんですよね。

 

ペルー人夫は集会など行事はほとんどでず、

 

羨ましかったです。。。

 

でも、外国人への集金はみっちりやってもらいました。

 

こういう活動は素晴らしいし、こういうことがあるので、

 

助け合いができるのですが、私は正直窮屈にも感じました。。。

 

自由ではない感覚がありまして。。。

 

やっぱり、私には海外移住ですね!

 

その不自由もラスト1ヶ月、1万円も頂いたので、

 

ちょっとハッピーな単純な私です。(笑)

 

今年度の海外旅行積み立てに使わせて頂きます。

 

 

 

ペルー人でも都心に住んでいないのであれば運転免許はあった方が良い!

a0007_001021

 

「助け合い」も大事にする私ですが、

 

助け合い精神が効かない事の1つが

 

車の運転免許は持っていて欲しいと思います。

 

私の住んでいる地域は車社会。

 

私のペルー人夫は日本での運転免許を持っていません。

 

半々の確率で免許を持っていない、ペルー人の人とも

 

出会います。

 

ラテン人の方は全員ではないですが、

 

楽な方向に直ぐに流れる過度が高すぎます(笑)

 

まだ、その過度が凄いことが知らなかった私。

 

出産前、頼まれれば

 

主人の友人の送り迎えや、スーパーなどの買い物に

 

行っていました。

 

それが、1人と思いきや、仲の良い友人を

 

電話で呼ぶんです。まるで自分が車を出すかのように

 

そして多数になるんです。

 

その多数の家まで迎え送りで3時間は余裕で時間を

 

有します。

 

これが私が考えた「ペルー人流、楽な方向に直ぐ流れる過度」です。

 

 

良く考えれば車で行く距離ではなかったり、

 

自転車やバスでいく方法もあるんです。

 

それに付き合っていた私は、そんなんでかなり自分の時間を費やす

 

事にかなりのストレスを感じ始めて、辞めました。

 

そこで、「ペルー人流、楽な方向に直ぐに流れる過度」を知ったんです。

 

ペルー人同士ではこの光景良くある光景、でも私は日本人で自由人っぽい

 

性格なので辞めました。

 

辞めて大正解!!!

 

後に出産して、子供がいれば運転免許の必要性を更に実感!

 

子供の送り迎え、買い物、主人の送り迎え、自分の仕事の往復と

 

車、車の時間は多々増えるばかりで、私の負担が多いです

 

ペルー人夫にもこの負担の話をしたのですが、

 

「やってくれる人がいるので必要性を感じない」言われる始末。。。

 

さすが、ラテン人です。

 

そういえば、私の父も「送り迎えばかりしている」と愚痴を

 

私が小さい頃言っていました。

 

そう、私の母も車の運転をしなかったからです。

 

今は父の気持ちが良くわかります。

 

運転免許があれば行動範囲広がるし、私の負担が減るので

 

是非運転免許とって頂きたい!

 

最後にペルー人夫は

 

「友達と運転免許誰が最初にとるか、賭けをしたから

 

今年はとろうかと思う!」という落ちです。

 

最後は「お金か!!!」って思いました。(笑)

 

是非是非、2016年内にはとってもらいたいと思います!

 

そして、これから日本に出稼ぎに来るペルー人の方にも

 

是非、ペルーから国際免許を持ってきてもらいです!

 

 

6 / 6« 先頭...23456
 

プロフィール


名前 Yoki

現在、ペルー人夫と子供(6歳)と日本在住。

メキシコに5年住み、スペイン語を習得。

ワーキングママをしながら、副収入を得る方法を勉強中。

詳しいプロフィール

まずはこちらの記事を

最近の投稿
カテゴリー
運営者情報
運営者情報はこちら
 

ページの先頭へ

(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); ga('create', 'UA-71978340-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');